コンテンツ CONTENT

生理痛は和らげることができる?いまからすぐ自分でできる方法!

生理痛の痛みを我慢していないですか?

ひとり一人、症状も程度も違っていて千差万別。日常生活に支障がでたり、人に相談しにくかったり、「月一回のことだし・・・」と自分の中に抱えがちですよね。

それぞれ違う症状なら、それに合う自分向けのできることがあるはず。

日ごろから取り入れられることや、生理中の過ごし方など、

生理痛を和らげて、うまく付き合っていける方法を見つけていきましょう。

そもそも生理痛ってなんで起きるの?

生理痛には様々な原因があります。
下腹部の痛み、頭痛、腰痛、全身の倦怠感など、人よって症状や程度は違い、
季節や生活環境によって違うという人もいると思います。

肉体的にも精神的にも落ち込みやすい月一回の付き合い、といっても振り回されるのは御免。
普段通りの気分と体調で過ごしたいですよね。


痛みの原因は、子宮を収縮させる働きがあるプロスタグランジンという子宮内膜で作られるホルモン。
生理中は、妊娠に備えて厚くなっていた子宮内膜が剥がれ落ち、体外に排出されます。その経血が排出される際に子宮が収縮し、ホルモンが過剰分泌されるのが、生理痛の原因です。

そんな辛い症状を少しでも改善していける工夫はいくつもあります。
自分なりの方法がみつかるはずです。



効果的に体を温めて、巡りをよくする

生理が始まると体温が下がります。そうすると血行が滞りやすく、体が冷えやすい状態となります。

体が冷えるとさらに血行が停滞しやすくなり、全身の巡りが悪くなり、生理痛の原因であるプロスタグランジンは骨盤内に滞りがちに。

そのため、生理中は冷たい飲み物を避け、体を温める食べ物や飲み物を選びましょう。
全身湯船につかるのも効果的です。


ほっかいろを使える時期であれば貼ったり、季節問わずインナー、スパッツ、靴下、腹巻などを活用しましょう。
最近は自然素材で作られた、保温性と通気性に優れている手ごろな価格の商品が増えてきました。薄手でのおしゃれなものもありますよ。



仙骨・三陰交

温める場所としてお勧めなのは、子宮に近い腰回り。

特におすすめなのは、骨盤の中央あたりにある《仙骨》。子宮や卵巣に近い場所です。
薄手の質がいい腹巻や、冬場ならカイロを貼っておきましょう。


ほかに、《三陰交》というツボが内側のくるぶしから指4本上にあります。
これは婦人科系トラブルの代表的なツボで、血の巡りを改善してくれます。
長めの靴下やレッグウォーマーで覆う方法がおすすめです。

体をほぐして血流と気分をUP!

汗をたくさんかくハードな運動や、無理に頑張る必要があるスポーツはかえって体を消耗してしまい、生理痛を悪化させることもあるようです。

ですが、血行が良くなると、プロスタグランジンの過剰分泌が抑えられて血流が改善され、冷えや倦怠感が軽減されます。
ストレッチやウォーキングなど、軽い運動がおすすめです。


もしくは、骨盤の歪みが生理痛の原因かもしれません。

現代では、長時間のデスクワークやスマートフォンを見る姿勢の悪さで骨盤が歪むと、骨盤周りの筋肉が緊張します。緊張すると臓器に送られる血液量が減り、生理痛としてあらわれます。


体を動かすことは、ストレス解消にもなり、心理的にも効果的です。
なにより、日光を浴びたり景色を見ながら体を動かすことは気分が上がります。

自分の体と相談して、気持ちがいい程度にからだを動かしましょう。マッサージや鍼灸などを利用するのもいいでしょう。



ストレスは大敵!たまには自分を甘やかすこと

心身のストレスはホルモンや自律神経のバランスを乱れさせます。自律神経の乱れは血液循環を悪くさせるため、生理痛に影響します。


また、体温調節の機能までも低下させてしまうため、体が冷えやすくもなります。
生理期間中は睡眠不足や過度な緊張を避けて、ストレスをなるべく感じないように、うまく避けながら、解消しながら過ごしましょう。


そして、好きなものを食べることも許しましょう。
生理前~生理中にかけて、食欲が増して過食気味になったり、甘いもの無償に欲する人は多いです。

普段は罪悪感を感じるかもしれませんが、これは通常時と違うホルモンバランスの都合なので、我慢しすぎるのも良くないといわれます。さつまいも、ドライフルーツ、お米など、自然の甘みを選ぶとより健康的です。

どうしようもないときのお薬

どうしようもないときのお薬
なかには日常生活に支障をきたすほどの痛みを抱えている方もいる生理痛。
痛みを抑える鎮痛剤や、和らげる漢方薬は、ドラックストアでも手ごろに購入できます。

鎮痛剤で痛みの信号を止める

一昔前なら必死に耐えて過ごす方が多かったかもしれませんが、今はパッケージに「生理痛」と書かれた鎮痛薬がいくつも見られます。
生理痛用とうたわれている鎮痛剤は、痛みの下であるプロスタグランジンを分泌しにくくさせることで、生理痛を緩和します。


どの薬局でも販売されており、病院でも処方が可能です。


飲むタイミングのおすすめは、プロスタグランジンが大量に作られる前、つまり痛みが本格的になる前に飲んだほうが効果的とされます。
「そろそろ痛くなりそう」と思ったときに早めに飲むようにしましょう。


ただし、あまりにひどい場合は「月経困難症」かもしれません。早めに受診しましょう。

漢方薬で体質改善

毎回鎮痛薬を服用しなければならない程に痛みがある場合、漢方薬はいかがでしょうか。

最近では多くの医療機関で漢方薬が処方されるようになってきました。
鎮痛薬は、痛みを抑えるために体温を下げます。つまり冷えが大敵である女性にとって、漫然と服用するのはあまりおすすめとはいえません。


痛みが出た時の対処として鎮痛剤。そもそも痛みが起きづらい体質に整えるには漢方薬です。

鎮痛剤はあくまで一時的に症状を取る対症療法であり、飲むことに抵抗や疑問を抱いている方も多いです。

一方で漢方薬は根本治療を目指します。
体全体で診たてるため、生理痛以外の不快な症状と共に、生理痛が生じにくい体質へと導いていくことが可能です。

自分のためになる栄養

たくさんの血液を使う生理。その期間をサポートできる栄養成分があります。
生理期間中だけじゃなく、普段から取り入れらえると理想的です。


>

体の源・タンパク質

十分血液が行き渡った子宮を作るために、大切なのはタンパク質です。

動物性タンパク質と植物性タンパク質のどちらも偏らずバランス良くしっかりと食べることで全身の血液量を増やすことができます。


《動物性タンパク質》牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類や、まぐろ、あじなどの魚類、イカ、タコなどの魚介類、卵など

《植物性タンパク質》豆腐、豆乳、油揚げ、納豆、きなこなどの大豆製品

血の材料・鉄分

血液を多く使うので、鉄分はかかせません。

ほうれん草、レバー、なつめ、ひじき他

大切なミネラル・マグネシウム

子宮の収縮を抑える働きをします。

《ナッツ類》アーモンド、カシューナッツ、ごま、えごま他
《大豆製品》豆腐、豆乳、油揚げ、納豆、きなこ他

自分に合った方法を

生理痛を和らげる方法は、様々です。

普段から取り組むことができれば、翌月の症状が変わっているかもしれません。
いろんな方法を試してみて、生理期間中に自分が気分良くいられる方法を見つけていきましょう。

ただし、どうしようもないときは専門家に早めに相談することも大切です。







୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

【草漢堂グループ】愛知県内に4店舗ある漢方薬局。
「体の元から健康に」をモットーに漢方の良さ、自然の力をたくさんの方に知ってもらいたい、体感してもらいたい。
お客様一人ひとりの体質やその時の季節に合わせたあなただけのオリジナルを実感してください。
草漢堂グループHP